[PR] 生命保険相談
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 * にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
2009.01.26 トレーニング 7回目&8回目
トレーニング7回目 先生とタルトと私
トレーニング8回目 先生とタルトとオットと私

内容的には2回ともほぼ同じ感じだったのでまとめて。

歩道をつかった散歩の練習といった感じです。
6回目の前半とほとんど同じかんじかなー?

というわけで、まとめてみると


・ツケをしてタルトが横にすわったらグズグズせずにすぐに歩き出す
・ツケて歩いている時にタルトがよそにいきそうになったら、タルトの気をひこうとか、名前をよばずに
 「イケナイ!」でとめて「おいでorツケ」などをさせて、誉める方向にもっていく。

オット
・オヤツを右でもって誘導しにくければ左手でもってもいいので、丁寧に。
といった感じでした。

先生がいうには
「タルトはほとんど理解してる、だからわざとサボったり力を抜いたりする」
らしいです。
タルト…恐ろしい子!

ようするにタルトがどこかにふらーーっといくときはそれなりに前兆があるはずなので、見逃さず
やってしまったことをしかるよりかは、やらせないのが一番確実。
やらせないようにとめよう。
そして止めて戻ってきたらそこは誉めるチャンスとしてしっかりほめよう。
誉めるのがうまくないと、タルトはすぐに飽きてしまう。

ちなみに終盤
「タルトは飲み込みがよくて、トレーニングのペースがはやいから人間のほうがついていけないんですよ」って感じのことを言ってました。
営業トークだろうなーっておもいつつ、タルトならそうかもしれない!
なんてニヤニヤしながらトレーニングを終了したのでした(笑



Comment:4TrackBack:0 * にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
2009.01.20 カピパラさんが吠える日
割とどうでもいいことですが、うちのオットはカピパラさんに似ています。
私が言い出したことではないのですが、会社の女性社員にそのようにいわれたとか。
確かにジャンル的にはにてたり。
性格もとても温厚で大らか。(会社ではどうか知りませんが)
キレやすい私にはもったいないオットなわけです。
tarte142.jpg

そんなカピパラさんなオットがこの間激怒することがありました。
つい最近のこと。
トレーニングをうけ、その後散歩がてら買い物にいき、そのままディスクをしにいくことにしました。
私は買い物をかたづけてから、グラウンドにむかったのですが、私がグラウンドに到着するとニコニコとまとわりついてくるタルト。
それをかわいいねーとニヤニヤみていたら、突然後ろからなにかが走ってきました。
その時点では私も気がつかず、私の少し前を歩いていたタルトも気がつかず…。
そしてその何かはドーンとタルトに体当たりすると、タルトに噛み付きながら転がりまわし、もみくちゃ状態に。
一瞬なにがなんだかわからず、固まってしまい、その後もわけがわからずとりあえず
「イケナイ!コラ!」とかいったような気がします…。
その何かは野良犬でした。
私が声をあげたせいではないとおもいますが、その犬は立ち去りました。
その間もタルトはウロウロしながら、高い声をあげ、鳴き続けます。
(お尻付近がぬれていたのでビビリションもしていた模様)
とりあえずタルトを抱き上げ、ケガがないか確認しながら犬を確認したらなんと犬の去った先には人が。
そう野良犬かとおもった犬はノーリードの犬。
それをみたオットが激怒しながら
「オイ!ヨソの犬に襲い掛かるような犬、ノーリードで連れてんだよ!」といった感じのことをいうと
モッサリしたオッサンが
「いや、俺のじゃない…」とかブツブツと答えます。
「じゃあ誰のだよ!どこの誰の犬だよ!」とさらに問い詰めると
「あそこの…。あそこの犬」と指差した方向は川原。
川原にはブルーシートの家?が…。
そうホームレスが飼っている犬だったのです。

連絡先もないも同然、制御も出来ない、野良犬同然、となるとますます怪我が心配になり体をさぐったら一箇所すごくいやがるところが。
いやがるのを我慢させてみていると、小さな点がみっつついて、うーーっすらと血がにじんでました。
動物病院に電話したところ、野良犬だったらどんな菌をもっているかわからないので、傷の具合によっては抗生剤を、ということで病院へ。
他の個所もチェックしてもらいましたが、その三つの小さな点以外特に傷もなく、消毒だけしてもらい終わりとなりました。

大きな怪我もなくよかったなーとおもう反面、もともと怖がりなのにビビリションするほど怖い思いをさせちゃって申し訳ないというか、飼い主失格だなーとおもったり。
まあ一番飼い主失格はあのホームレスですけどね。
グラウンドから見えるところにすんでいるので、その辺りに
「ホームレスがかっている犬はよその犬にいきなり襲い掛かります。注意してください」って
立て札かけたやりたい位不愉快な事件でした。

ちなみに後日グラウンドいったら、普通にゴロンゴロンしたり、オットとディスクであそんだり、元気に遊べていたのでホッと一安心。
tarte141.jpg


Comment:4TrackBack:0 * にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
2009.01.14 トレーニング6回目
ふと過去の記事をみてみれば、12月半ばにかいたトレーニング記事が下書きのままでした…。
というわけでトレーニング6回目です。

トレーニング6回目、オット先生タルトと私。

今日はおいかけっこはせずに、普通の散歩風景から。
このとき、普段あまりつかわないチーズをもっていたせいか、とてもタルトがいい子であるく。
ツケとかもしてないのに、私のほうをガン見で、ペースをあわせてニッコニコ。
かわいいねぇ?とニヤニヤしながら歩くも、これは普段のタルトではない…。

先生に「普段こんなにいいかんじであるかないんですけどね?…」というと
「じゃ、おやつ抜きで歩いてください」といわれ、やってみると案の定グダグダ(笑

そこでしばらく、歩道の「歩行者専用道路」みたいなのをかいた文字の上をつかい
歩の字で「ツケ」をし、歩きはじめ、者でオスワリ、路でユーターン。
帰りは者でフセて歩のところで進行方向のほう(最初と同じ向き)にユーターンしオスワリさせて解除。
というのをやってみた。
途中、歩行者、自転車による刺激がはいりちょっとグダったが、2度ほどやるといい感じに。

次にオスワリの際またせて周りを一周、フセの際またせて周りを一周というのをやり難無くクリア。
これは私が散歩の途中によくやっているので、日常的な感じで問題がないのだろう。
ちなみに上をまたいでしゃがんだり、軽いステップまでなら耐えられるけど、ジャンプをすると逃げ出します(笑

その後、場所を変えグランドに行くことに。
先生が取り出したるはフリスビー。
いきなり普通に投げてもあそべないので、ビシっと転がすことに。
先生とオットが転がすとすごい勢いでころがり、それはもうタルトがイキイキとおいかけるんですよねー。
私は…、1人で練習しようかな?!っておもいます。

ちなみに、フリスビーは
・一緒に遊ぶ楽しみ
・フリスビーに対する欲をつけることで、集中力がつく
・フリスビー楽しい!となると、オヤツ代わりにつかえる
・もってこい、おいで、一緒にあるくが自然に身につく。
ってことらしいです。

流れとしては
フリスビーを高速で転がす。
タルトがそれを追いかける。
フリスビーがとまりタルトがそれをしばらく嗅ぐ。
顔をあげたら、おいで、で呼び寄せオスワリさせてオヤツをあげる。
取りにいく(このときワクワクと一緒についてくる)
拾ってから、思わせぶりにフリスビーをうごかしながら移動する。
タルトが前にでたら反転、タルトにあわせないようにジグザグ動く。
フリスビーを高速で転がす。
って感じです。

ちなみに盛り下がるとフリスビーがとまった時点でふいっといってしまうので、その時点ですぐやめるのが良いらしい。
盛り下がると出来ていた「オイデ」も効き辛くなります。

という感じで、今後は前半は散歩、ツケの練習。
後半はディスクをつかった遊びをかねての練習、になる模様です。
おいかけっこはやらなくなったぽいですが、今後もやはりつづけていくべきだろうなーとおもいます。
そしてディスクを転がす練習もしないと…。

さらに先生から
「ディスクを拾えるようになると大分らくなので、ディスクでひっぱりっことかして慣れさせておいてください」との指示が。
早速ディスクを買ってみたのですが、なかなか銜えず、ひっぱりっこにすら持ち込めず…。
まーいきなりできるわけないしねー。

Comment:3TrackBack:0 * にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
2009.01.12 1歳
tarte136.jpg
2009年1月12日。

去年タルトがうまれてから今日で365日、無事1歳となりました。
長かった気もするし、早かった気もします。
なんて月並みなセリフしかでてこなかったり。

体の小ささに悩み、生意気な態度にむかつき、反抗期にまた悩む。
そんな1年でしたが、タルトをみてニヤニヤした回数は悩んだ回数をはるかにこえるものでしょう。
最近はトレーニングもわりと順調で、ますます可愛いとおもわされます。
これからも共に成長していきたいものです。

tarte137.jpg
余談ですが、オットがいるとテンションがあがって放牧中にまず寝ないタルト。
それが今日唐突にオットによりそってウトウトと寝ていました。
タルトの誕生日という日に、そういう初の機会を得るとはやはり運がいいというか…。
思えば、私がごはん時に呪文のようにとなえて教えたオスワリも、はじめてコマンドで成功させたのはオットだった気がします。
憎らしい(笑)

食べ物に異常に興奮し唸るところは直りきっては無いので、特別な食べ物などをあげることはできませんでしたが、オットとたっぷりディスクで遊び満足した1日だったと思います。
tarte138.jpg
来たばかりの頃はこんなに小さかったタルトもいまや体重7.3キロを達成。
tarte139.jpg
今後はこれをキープしていく方向です。




Comment:6TrackBack:0 * にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
2008.12.31 10日遅れの。
黒飴サンタさんから、クリスマスプレゼント的なものをいただいておりました。

tiger.kさんが読んでいた児童小説はなにか?というクイズに正解したらもれなくいただけるという、お手製のリード+首輪。
実は23日頃にはとどいていたのですが、またもやブログ放置でこんな時期に!
ぎりぎり年内駆け込みです(笑
tarte133.jpg
ちょっと写真が見切れてしまいましたが、とても一般の人(?)がつくったものとはおもえない出来です。

tarte134.jpg
タルトも最初ちょっと違和感をおぼえていたようでしたが、しばらく後にはあたらしいおもちゃ?!といった感じで興味津々でした。
とはいっても破壊されたらこまるので、そうそうにやめさせましたが。

tarte135.jpg
しかしタルトはわりと中性的な子なので、ブルーもにあうなー♪
なんて人様から頂いたもので親ばかっぷりを発揮してみたりします(笑
とにもかくにも、tiger家さんありがとうございましたー。

そして当ブログで関わってくださった皆さん、お世話になりました。
また来年もよろしくおねがいしますー。


Comment:6TrackBack:0 * にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。